ガールズイシュー

あなたをより美しくスマートに

顔のむくみは骨盤の歪みから!自宅で簡単に小顔になれる改善体操

約 5 分

小顔は永遠の憧れ

草原で風を感じる女の子
普段、鏡を見ている時には、自分の顔が大きいななんて感じる機会は少ないですけれど、グループで写真撮影をしたりすると、自分の顔が体の大きさとか身長に対してバランスが取れていないな、と愕然としたことはありませんか?

小顔になりたいというのは女子なら誰でも一度は持つ願望ですが、実は自宅ででカンタンに続けることができて、無理なく顔を小さく引き締められる方法があります。

小顔になると美人に見える

小顔美人
人間は誰でも、生まれ持った顔の大きさは異なりますし、目鼻のポジションによっても顔が小さく見える人もいれば大きく見える人もいます。

そうした部分に対しては、ヘアスタイルとかメイクなどを工夫しながら、顔を小さく見せる工夫をすることができますから、メイク術とかヘアスタイルをいろいろアレンジしてみて、自分なりにピッタリのスタイルを見つけるのが良いと思います。

しかし、普段の生活の中では、顔がむくんだりすることがあり、むくみは放置すると脂肪に変わってしまうので、顔が大きくなってしまう原因となります。

そのため、自分で工夫して顔を本来あるべき大きさに戻してあげるようなお手入れは、できるだけ日常的に行うのが良いのです。

顔のむくみは日常生活の姿勢から

足を組む女性
日常生活において特に女性は足を組んで座ることが多いようです。なんとその行為が、顔をデカくしてしまう「むくみ」の原因なのです。

仙骨、寛骨、尾骨から成り立つ上半身と下半身をつなぐ要である骨盤ですが、足を組むことによって体の片側に重心がかかり骨盤が歪んでしまうのです。

骨盤の歪みチェック
①足を伸ばして座ります。
②かかと同士を付けます。
③V字なら骨盤は正常な位置になります。

足の力を緩め右足が傾いた場合骨盤が右側に歪んでいることがわかります。

骨盤の歪みは体全体に影響を与えます。その歪みが広がって背骨首の骨が歪んでしまうのです。そして、首が歪むことによって血液やリンパの流れが悪くなります。

そうすると老廃物が溜まって顔の代謝が悪くなり顔がむくんで大きくなってしまうのです。たとえストレッチやマッサージで解消しても歪んだ骨盤のままでは、すぐにむくみ顔に戻ってしまいます。

骨盤の歪み改善体操

①足の親指同士をくっつけます。
②体の正面で小指をあわせます。
③ひじを曲げず頭の上へ30秒キープしてください。
④ゆっくり両手を下ろしてください。

体の中心を真っ直ぐ上にすることで骨盤の歪みを元に戻すことができるのです。

メイクはナチュラルメイク


テレビに登場するようなセレブだと、きっとメイクのスキルをフルに生かして小顔メイクをしているのだと思います。

でも素人の私たちにとっては、そんなスキルは持っていないわけですし、いろいろ試して歌舞伎のようなメイクになってしまったのでは、出社するのもはばかられてしまいますよね。

アイメイクなどは暖色系よりは寒色系の方が、顔が小さく見えます。顔に凹凸をつけるためにハイライトとかシャドーを入れますが、あまりたっぷり入れずにさりげなく入れたほうが、小顔効果は高いです。

ヘアスタイル

小顔が美しい女性
ヘアスタイルで顔が大きく見えるか小さく見えるかがずいぶん変わります。

例えばショートヘアの場合だと、顔を小さく見せるなら、たてのラインを強調したほうが良いので、前髪でおでこを隠して顔の露出面積を小さくしようとするよりも、思い切っておでこを見せたほうが、小顔に見せることができます。

できればおでこ出しは避けたい方は、全開にする必要はなく、軽い横分けぐらいでも、小顔効果が期待できます。

ロングヘアとショートヘアでは、やっぱりロングヘアの方が頭全体が大きく見えてしまうので、小顔効果は低いような気がします。

ロングヘアの方がダウンヘアにしている時とアップヘアにしている時とでは、顔の大きさが違って見えます。アップヘアの時は、頭全体が小さく見えるので、顔も小さく見えますね。

水分の取りすぎない

おしゃれなグラスに水を注ぐ様子
水分をたくさん飲むことは、美容にプラスですし、血液がサラサラになればデトックス効果もアップして、ニキビなどもできにくくなりますよね。

でも、一日中デスクワークで汗を一滴もかかないような生活をしている人にとっては、水分の取りすぎが実は、顔をむくませて大きく見せる原因になっているかもしれません。

一日の水分摂取の目安は美容女子で2リットルぐらい、スーパーモデルになると3リットル以上飲むなんて言われていますけれど、水分を摂取する時には一度にたくさん飲むのではなく、朝起きた時から夜寝るまで定期的に少しずつ飲み続ける方法が効果的です。

こうすれば、水の飲み過ぎで顔がむくむこともありませんし、頻尿になってしまうことも防げます。

まとめ

小顔に見せるためには、持って生まれた造形を生かして、少しでも小さく見せてくれるメイクとかヘアスタイルを研究することがとても大切ですし、普段の生活の中で顔を大きくしてしまう「むくみ」とどう向き合うかによっても変わいます。

冷え性の人は血行が悪くて顔に老廃物や過剰な水分が貯まりやすいので、「骨盤の歪み改善体操」をすることでむくみを早急に解消する習慣をつけるのが、小顔メイクにつながりますよ♪


コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄